積立投資信託の売却結果|コロナ暴落を乗り越えて

一般NISA

こんにちわ^^
かぼすです。
久しぶりの更新になってしまいました。

更新をしていない間に一般NISAで積立てていた投資信託の一部を売却したので、
その結果を紹介したいと思います。

私が一般NISA&つみたてNISA共にお世話になっているのがこちらのSBI証券👇

スポンサーリンク

一般NISAの保有ファンドは5つ

  • 三菱UFJ国際ーeMAXISSlimバランス(8資産均等型)
  • ニッセイーニッセイ日経225インデックスファンド
  • ニッセイーニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 楽天ー楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • 楽天ー楽天・全米株式インデックス・ファンド

2015年~2019年に購入したファンドで、積立期間や積立金額はファンドによって異なります。

売却時期:2020年6月上旬~コロナからの謎の復活~

私が売却をしたのは2020年6月上旬。
新型コロナウイルスの流行で4月、5月と世界的に株価が大暴落。
今年の初めには+15%の含み益になっていた一般NISAのファンドも
あれよ、あれよとマイナスに転落……
このまま暴落なのかな…と思っていたのですが、
5月下旬にまさかの驚異的な株価の戻り。
NISAは利益確定をしてこそ、非課税の恩恵を受けられるため、
思い切って一部を売却することにしました!

売却したファンドを2つ

今回、一部売却したのは

  1. ニッセイーニッセイ日経225インデックスファンド
  2. ニッセイーニッセイ外国株式インデックスファンド

の2つ。どちらも積立投資信託を始めた当初から積立てていた長い付き合いのファンドです。

売却結果

1.ニッセイーニッセイ日経225インデックスファンド

約定日売却額評価損益評価損益(%)
6/1100,000円(2017年積立分)+12,522円+14.31
6/867,513円(2017年積立分)+11,295円+20.09
6/82,251円(2018年積立分)+2,251+7.44
合計200,000円+26,068

6月1日に売却をしましたが、さらに値上がりしたため、
2回に分けて売却しました。
売却するときも分散させる方が良いこともありますね。

2.ニッセイーニッセイ外国株式インデックスファンド

約定日売却額評価損益評価損益(%)
6/251,385円(2017年積立分)+6,226円+13.79
6/228,615円(2018年積立分)+1,302円+4.77
合計80,000円+7,528

こちらは8万円分を売却しました。

一時はもっと利益が出ていた時期もありましたが、
やはり売却時期は難しい!苦笑

私が売却を決意した理由

積立投資信託の売却については、様々な意見狩り、
売却せずに長期保有したほうが良い。と言った意見もあります。
しかし、今回私が売却を決意した理由は主に2つ

  1. 一般NISAで積立てたものであり、ロールオーバーしないから。
  2. 利益確定してこそ、NISAのメリットである非課税の恩恵を受けられるから。
  3. 結婚をして、投資に回す自由なお金が少なくなったから。

特に3.の理由が大きな決め手でした。
私は今年結婚をして、正社員→パートになりました。
以前の独身時代のように自由に投資に回せる資金の確保が難しくなりました。
旦那さんには投資をしていることは話していますが、「投資は危険⚠」と思っている旦那さんなので、家計簿から投資資金を確保することはできません。
そんな中、今年始めたつみたてNISAを継続するためにも、
独身時代に積立ててきた一般NISAの一部を売却して資金を確保しよう。という考えです。
今回は見事に資金が増えて帰ってきてくれました。
利益もまた投資に回していきたいと思っています。

また数年後、大きくなって戻ってきてくれますように^^

コメント