手作り濡れマスクで対策!インフルエンザ、新型コロナウィルスに負けるな!

節約

みなさんの風邪はどこからですか?

 

私の風邪は、鼻から!!

「鼻の奥→喉が痛くなって、そこから熱、鼻水」

の順番で症状が出てきて、1週間くらい体調不良が続きます…

 

私の喉には空気の乾燥が大敵のようです!

 

本当は職場に加湿を持ち込んだり、

20分ごとに水分を取ったりしたいんだけど、

今の職場では難しい。

 

なので、濡れマスクをして喉を潤すようにしています✧

 

だけど、濡れマスクはコスト的に高いので、

簡単に濡れマスクを手作りして使っています!

 

作り方を紹介します^^

 

スポンサーリンク

用意するものはたった3つ!

〈用意するもの〉

・お好きなマスク(プリーツ状のもの)

・コットン

・ホッチキス

 

私が使ったのは、

のどぬーるはだごこちローションマスク 小さめサイズ 。

コットンはお徳用のスキンケアで使っているコットンを使用しています。

 

作り方

〈作り方〉

  1. マスクを広げます。
  2. マスク中央より少し上に、乾いた状態のコットンをおいて、
    ホッチキスで止める。

    ※ホッチキスの針先がマスクの外側になるように注意すること!
    (顔をホッチキスの針先で傷つけないようにするため)2か所止めます。
    ポイントは、ホッチキスを止める位置!

    ↑表から見たときに、ホッチキスの針がマスクのプリーツに隠れる位置にするGOOD。
  3. 完成

    使用するときに、コットンを水で湿らせて使います。

 

私は自宅でアルコール除菌した机で、

まとめて作って保管しています!

注意すること

この濡れマスクを使用する際に注意してほしいことは、

ホッチキスの針先に注意!
:肌を傷つけないように気を付けてくださいね!
肌が弱い人
:濡れたコットンが肌に触れることがあります。肌が弱い人は様子を見ながら使用してください。
コットンが乾いたら湿らせる!
:菌に汚染された手でマスクを触ることは本末転倒!きれいな手で脱着してくださいね。

終わりに

今年はインフルエンザに加えて、新型コロナウイルスも猛威を振るっていますよね。

マスクを購入しようにも、新型コロナウイルス対策でマスクがない……

 

自宅に保管しているマスクで、

濡れマスクを手作りしてみてはいかがでしょうか?

 

試しで作ってみた手作り濡れマスクだったけど、

エアコンで空気がカラカラに乾燥した職場なので、

濡れマスクがもう手放せな~い!!

 

販売されている濡れマスクはコスト的に高いけど、

手作りすることで低コストで済ますこともできますしね♡

 

健康第一!

とにかく喉などの粘膜を乾燥させないように気を付けて、

冬のこの季節を乗り切りましょう!

コメント